カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

独り言

みなさんはお酒が好きですか?最近若い人は余り飲まないって聞く事があります。 私は若い頃からお酒が大好きでした。ビールをあびる程飲んでは二日酔いになって、昼過ぎまで寝ていたりしてましたが、現在の私はもっぱらワイン(それも赤)を飲むようになって、若かりしころの醜態は陰もなくなりました。ポリフェノールの効用はさておき、シェープが終わって夕食のワインとチーズが何よりの楽しみなのですが、最近ふと気付いた事は鴨川で売られている赤ワインのお手頃価格のものは全制覇して、いろいろ試飲したところ、あまりおいしいのがないなあ?なんて図々しくも、ワインの味について、うちのと議論を交わしている毎日です。近頃はホームセンターでもお酒の販売は当たり前ですが、この類いはあまりおいしくないのが現状で、カリフォルニアのスーパーで売られているお手頃価格のワインの味がなつかしいこのごろです。どなたかおいしい赤ワイン(あまり高価なのはだめ)を教えてください。ちょっとサーフボードとは関係ない事だけどね!
ノンキー野村 6/4
 
私の思い出のボードの事を掲載してあるサーフィン雑誌(NALU No,80号)はサーフィンを始めた頃の鴨川の事を記載してあります。
HANSENの3ストリンガーのボードは当時の物のない時代にアメリカ人の海での遊びの画期的なライフスタイルに驚いた覚えがあります。今の私の作るボードと比較してボトム形状の違いやもちろん非常に重い板で、当時米兵から借りて乗るとテイクオフが非常に難しかったのですが、とても楽しかった事を思い出します。
ぜひ読んでみてください。
ノンキー 野村 3/26

*DHDのボードをお使いで4年以上使っておられるとの事、愛着のあるボードですね?
私の作るボード(HYBRIDボード=ウレタン+エポキシ樹脂ラミネート)はEPSの素材で作るのとまた違いがあり風波の時にも余り影響しないでライディングができて反発力にも優れております。黄ばみにも何も問題はありません。
ノンキー 野村 3/16

私、ノンキー野村がエポキシの工程に長年駆使して30年以上経ち、サーフボードも多様化してきました。しかし、私のボード作りの考える事はオーダーされる方とのコミュニケーションを大事に仕上がった板に100%満足してもらえる様に考えます。今やエポキシ樹脂ボードというものを皆様にはだいぶご理解いただいてきましたが、モールドのボードとスペシャライズのボードの違いは全てハンドシェープによるもので、比較的ボードの価格がお安いものとは違うフォームを使用しているので、そのボードと比較して私の板が高いイメージを持っておられる方もいるかもしれません。昔のエポキシ樹脂の価格は原価も高く、それでも私は色焼けしにくく、ライディングの時の反発力のあるエポキシ製造に従事してきて、安いチープなエポキシボードが巷に出回っている事はちょっと残念に思います。今や私はポリやエポキシをうんぬんするのではないのです。ボードはシェープが第一です。私を支持してくださるユーザーは私のシェープを気にいってくださっていると確信します。有名なシェーパーのボードで好きなのもありますが、ボードの善し悪しはなんと言ってもシェープです。素材を充分駆使して、作り上げる事は大変に気を使い、作業は楽しさの中に真剣に取り組まなくてはならない緊張感をいつも感じております。エポキシ樹脂のボードに早くから携わってきた者としてますます進化するサーフィンの状況にいち早く対応する事を一番にこれからも精進したいと考えております。カスタムオーダーボードの微妙な違いを試してください。そしてサーフィンの楽しさをぜひ体感してください。
ノンキー 野村 

ページトップへ